安心な取引のためのホームインスペクション

株式会社みらいえ

査定・ご相談はお気軽に!

24時間メール受付 無料相談依頼

売却専門のスタッフが丁寧に対応します!

査定・ご相談はお気軽に!

お電話でも受け付けています!

0120-947-368

(営業時間 9:30~18:00)

株式会社 みらいえ
〒818-0054 福岡県筑紫野市杉塚1丁目1−36

0120-947-368

営業時間:9:30~18:00 定休日:毎週水曜日・第2・4火曜日
(定休日が祝日の場合は明けの平日を店休日とさせていただきます)

無料相談依頼

24時間メール受付送信

メニュー

HOME INSPECTION【建物診断して売る】ホームインスペクション

  • ホーム
  • 【建物診断して売る】ホームインスペクション
HOME INSPECTION

ホームインスペクション(建物診断)とは?

ホームインスペクション(建物診断)とは?

アメリカではすでに一般化している「ホームインスペクション(建物診断)」についてご紹介します。ホームインスペクションとは、専門家に建物の状態や性能を診断してもらうサービスのことです。ホームインスペクションを活用することで、売却時のトラブルを回避できる可能性があります。そこでこちらでは、筑紫野市・太宰府市・大野城市・春日市で不動産売却・買取を手がける「みらいえ」が、ホームインスペクション(建物診断)についてご説明します。

ホームインスペクション(建物診断)って何?

ホームインスペクション(建物診断)とは、「ホームインスペクター」と呼ばれる住宅診断士の資格を持った専門家が、売却物件の現状や性能を診断するサービスです。日本ではあまり聞き覚えがないかもしれませんが、アメリカではすでに7~9割の不動産取引で活用されています。

また、売却時以外にも、物件を購入する前や自宅を診断したいときなどに活用できます。ホームインスペクションを受けると、建物の状態はもちろん、耐震強度や劣化状況などを把握することが可能です。ホームインスペクターは中立の立場であり診断内容に偏りはないため、売主・買主どちらにとっても安心の取引となるでしょう。

ホームインスペクションが必要とされる理由とは?

中古物件は新築と違い、ハウスメーカーや工務店などの保証がないまま売買取引が行われます。そこに不安を覚えて二の足を踏んでしまう、という購入者は少なくないでしょう。ホームインスペクションが必要とされる理由のひとつは、それらの不安を払しょくできるという点です。ホームインスペクションを利用すれば、新築・中古問わず「瑕疵保険」への加入が可能になるため、中古物件でも保証付きで安心して購入することができます。

また、瑕疵保険の保証期間内は、その保証は保険・検査の事業者が行うため、売主にとっても安心・安全の取引になるのです。ホームインスペクションは、買主・売主どちらにとっても必要なサービスと言えるでしょう。

ホームインスペクションでトラブルを回避しよう

ホームインスペクションでトラブルを回避しよう

築年数が経っている物件の場合、経年劣化によって床下や屋根裏に害虫や害獣が巣を作り生息している可能性があります。とくに多いのが、シロアリによる床下の住宅被害です。シロアリに床下の木材を食べられていた場合スカスカになり、耐久性が著しく低下してしまいます。

シロアリは土の中や木材の中など目に見えない場所に生息していることもあるため、シロアリ被害に気づかない場合もあるのです。売買成立後にシロアリ被害が発覚してしまうと、「購入の際にシロアリがいるなんて聞いていない」「駆除費用を出してほしい」など、思わぬトラブルに発展してしまうことがあります。

建物診断を行うメリット

建物診断を行うメリット

  • 住宅診断士の資格を持つホームインスペクターが公平に検査・診断をするため、安心して売却や購入ができる
  • 買主・売主間で物件情報を共有できるため、売却後に不具合が判明して補修工事を行うなどのトラブルを回避できる
  • 物件に欠陥があった場合、修理・メンテナンスすべき場所が明確になる
  • インスペクション済の物件ということで買い手が安心して購入できるため、取引がスムーズになる
  • 診断結果がよければ、より早く、高く売却できる可能性がある
買主様への安心感と建物の資産価値がアップ!

さらに、上記以外にもホームインスペクションを行うことで、買主様への安心感と資産価値の向上が見込めるメリットがあります。

  • ホームインスペクションを行うと、建物診断後に「建物検査報告書」がもらえます。詳細なチェックシートと写真付きで分かりやすい内容になっているため、購入希望者様の検討材料として役立ちます。
  • 特定の建物診断を受けて合格すれば、「瑕疵保険」に加入することもできます。瑕疵保険に加入していれば、引き渡し後に隠れた瑕疵が見つかったとしても、自身でその補修を行う必要がなくなるので安心です。
  • 木造築20年以上、RC25年以上の建物の場合、特定の建物診断を受けて合格すれば「住宅ローン控除」も付加されます。築年数が満たなくても、検査や証明書の提出など一定の耐震要件を満たせば加入することができます。

何をする?診断方法について

1.外部調査
基礎 コンクリートのひび割れ、欠損、劣化などの確認
外壁 ひび割れ、欠損、シーリング材の破断欠損などの確認
軒裏 ひび割れ、欠損、」雨漏り跡、シーリング材の破断欠損などの確認
屋根 破損、ずれ、ひび割れなどの確認
バルコニー 防水層のひび割れ、劣化などの確認
2.内部調査
ひび割れ、劣化、沈み、傾斜などの確認
雨漏り跡、ひび割れ、劣化、傾斜などの確認
天井 雨漏り跡、ひび割れ、劣化などの確認
建具 動作の確認
床下 コンクリートのひび割れ、欠損、木材の蟻害、腐朽などの確認
天井裏 構造材の劣化、欠損、雨漏り跡などの確認
3.設備機械調査
給水設備 配管の通水、漏水などの確認
排水設備 配管の滞留、漏水などの確認
換気設備 換気扇の動作、異音、ダクト脱落などの確認
電気設備 照明器具の点灯確認

ホームインスペクション(建物診断)では、上記の基本的な調査範囲をはじめとして目視確認できるさまざまな箇所の調査を行います。床下や天井裏に進入しての調査はもちろん、非破壊機器を使用した鉄筋の検査なども可能です。ホームインスペクションのご相談なら、お気軽に当社へお問い合わせください。

to top